「発熱患者の受診方法の変更」に関して思うこと

9月4日に厚労省が発熱患者の受診方法を変更すると発表しました。これまでは各都道府県の保健所に設置された帰国者・接触者相談センターに電話してPCR検査を受けるなどの流れとなっていましたが、10月以降はかかりつけ医や身近な医療機関に電話をして新型コロ…

ヨモギ花粉飛散開始?

北海道立衛生研究所の報告では、例年より2週間ほど早く8月上旬からヨモギ花粉の飛散が始まったようです。理由はわかりませんが、7月から気温があまり高くならないのが関係あるのではないかと思っています。 本州では猛暑日が続く例年以上に暑い夏のようです…

新型コロナウイルスについて思うこと(町医者の雑感)

風邪の原因には大雑把に言って細菌とウイルスがあります。細菌は自分だけで生きていくことが出来ますが、ウイルスは自分だけでは生きていくことが出来ません。他の生物に寄生しないと増殖したり、エネルギーを作ることが出来ません。ということは、ウイルス…

「手足口病」 昨年の100分の1

昨日、新聞で「今年の手足口病は昨年の100分の1」と言う記事を見ました。統計を取り始めた1981年以来で今年は最低水準らしいです。 例年7月下旬から8月下旬にかけていわゆる夏風邪と呼ばれる「手足口病・ヘルパンギーナ・咽頭結膜熱(プール熱)」が流行します。…

イネ科花粉 一旦終息

6月中はぱっとしない天気が続いていましたが、7月に入りようやく春の花粉症も終わりに近づきました。7月8月は花粉症は一旦落ち着き、風邪も大流行はしません。 ただし、夏に流行るプール熱(アデノウイルス感染)、手足口病、ヘルパンギーナなどもありますの…

イネ科花粉が飛んでいます!

そろそろ、春の花粉症のシラカバ花粉が減ってくる頃ですが、入れ替わりに5月下旬からイネ科花粉がたくさん飛んでいます。例年6月いっぱい飛んでいますので、あと1ヶ月要注意です。 コロナ対策で外出を控え、さらには病院受診も控え、マスクをする習慣のお陰…

シラカバ花粉 大量飛散!

昨年から予想されていたことではありますが、4月26日頃より一気にシラカバ花粉の飛散量が増えました。 例年の観察花粉数(1cm2)が100前後、一番多かった2年前のピークでも400ですが、今年は1000近くになっています。例年の10倍、一番多かった2年前の2倍以上…

せっかく新築したのに、春遠し・・・

今は世界がコロナを中心に回っている状況ですね。こんな世界が訪れるとは夢にも思っていませんでした。 世界中の方々が不安な毎日を過ごし、政治は混乱し、医療現場は医療崩壊寸前です。クラスターが発生した北海道がんセンターは私が医学部を卒業して3年目…

【急性の嗅覚・味覚障害の対応について】

阪神の藤浪晋太郎投手が新型コロナウイルスに感染したことが判明し、その症状が嗅覚障害「においを感じない」と言う症状だったと報道されています。WHOの報告では感染者の約9割が発熱、約4割が倦怠感、約2割が咳・息切れの症状が出ていた、と報告していますが…

ハンノキ花粉症 〜例年より花粉飛散が早く、多い〜

昨年から予想されていたことですが、今年は例年よりハンノキの花粉飛散が2から3週間早いようです。しかも、飛散量もすでに昨年より多いですね。 新型コロナウイルスの騒動に隠れがちですが、北海道ではこれから花粉症が本番を迎えます。今年は少雪暖冬で粉じ…

新型コロナウイルスについて思うこと(3月1日)

私が医師になってから日本国内でこれ程大きな影響を与える感染症の流行は初めてです。一応医療従事者である自分でも毎日の対応に戸惑っていますから、多くの皆さんは様々な情報に恐怖を感じ、不安と混乱の中で困っていることと思います。具体的な統計データ…

新型コロナウイルス関連肺炎について

【新型コロナウイルス関連肺炎について】 感染者の報告が増えてきました。北海道でも中国渡航歴の無い感染経路の不明な感染者も現れ始め、潜伏期間が長いことを考えると封じ込めることはすでに不可能になってしまったようです。いつ、どこで感染してもおかし…

新型コロナウイルス(2019-nCoV)について

当院を訪れる患者さんからも新型コロナウイルスの話題が出ます。毎日のように報道されてますから嫌でも気になりますよね。私は専門家では無いので詳しい解説は専門家に任せますが、私の思うところを書いておきます。 【あまり大袈裟に騒がないように!】 多…

2020年 花粉症 非常に多い予想!

新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。 札幌生活の長い私ですが、今年ほど雪の少ない冬は経験がありません。ただし、気温は必ずしも高いわけでは無いので例年通り、いや例年より多いぐらいインフルエンザを始めとして、溶連菌…

インフルエンザ近況 〜札幌市全体は微減、北区はさらに増加〜

さて、今年も残すところはあと10日ほどになりました。みなさま元気にお過ごしでしょうか? 例年より早い流行で猛威をふるっているインフルエンザですが、札幌市の発表では第50週(12月9日ー15日)は札幌市全体では微減、ほぼ横ばいの状態です。まだ、警報レベ…

インフルエンザ 〜札幌市も警報レベル〜

札幌市の報告では第49週(12月2日〜8日)に定点当たりの報告数が31.39となり警報レベル(=報告数30以上)になりました。札幌市の警報発令は昨年より3週間早いそうです。 ちなみに、私たちの北区は2週間前から警報レベルを超えていまして、現在は警報レベル…

インフルエンザ 〜北区だけ警報レベル〜

第47週(11月18日〜11月24日)でとうとう札幌市では「注意報:報告数10」を超えましたので、札幌市ではインフルエンザ注意報が発令されております。 しかしながら、北区だけ「警報:報告数30」を超えてしまっています。理由は定かではありませんが、クリニッ…

インフルエンザ 2019年 対策をしっかり!

いよいよ、インフルエンザも本格化してきましたね。今年は全国的に流行が早いようですが、北海道は特に患者数が多いようです。 市内では生徒の半分近くがインフルエンザで休んでいる小学校もあるようですし、一人が感染したのをきっかけに家族全員が次々と寝…

インフルエンザの流行が早い 〜ラグビーW杯の影響!?〜

ラグビーW杯盛り上がりましたね。私もにわかファンとして日本戦は一喜一憂して楽しませて頂きました。 さて、今年のインフルエンザの流行が例年より2ヶ月も早いのはラグビーW杯の影響では無いかという説があります。確かにラグビー強豪国の多い南半球の国々…

早くも インフルエンザ 流行開始

今年は第41週(10月7日から10月13日まで)ですでにインフルエンザの流行開始の目安になる1.0を超えてしまいました。特に厚別区、東区、白石区で多いようです。 昨年は第48週(11月26日から12月2日まで)で初めて1.0を超えましたので、昨年より2ヶ月近く早く…

インフルエンザワクチン情報

今年は10月分として100人分のワクチンを用意して、10月7日から予約の受け付けを開始しましたが、予想を上回るペースで予約が殺到し、3日間で100人分の予約が埋まってしまいました。急遽、医薬品卸業者に追加注文しておりますが、まだ入荷時期・本数が確定して…

2020年 花粉飛散予報 〜非常に多い!〜

今年は近年に無く花粉飛散量が少なかったため、花粉症の方には楽な年でした。気になるのは来年どうなるか?ですが、10月2日に気象協会から第一次の予報が出ました。 北海道は『非常に多い』という予報です。前年と比較しますので、今年が少なかったために当…

講演@サノフィ

サノフィが主催して札幌で開かれたアレルギー性鼻炎のセミナーで講演してきました。全国各地から集まった耳鼻科医の先生に北海道のアレルギー性鼻炎の現状についてのお話をしましたが、私はほんの前座で、メインの滋賀県からいらした湯田先生の講演がすばら…

溶連菌が流行しています。秋の花粉症はそろそろ終わりかな?

今日は秋分の日。暑さ寒さも彼岸までと言いますが、ここから北海道は10日ごとに2度ずつ平均気温が下がっていくそうです。私は暑い方が好きなので非常に憂鬱です。 秋にはヨモギとイネ科の花粉がたくさん飛ぶため花粉症で困る方がたくさん来院しますが、今年…

ヨモギ花粉 急に増えました!

今年は立ち上がりが遅いのでヨモギ花粉が少ないまま終わるのでは無いかと予想していましたが、甘かったです。急に飛散量が増えました。外来にもアレルギー症状の患者さんが急に増えてきました。 いよいよです!秋の花粉症の皆さん、耳・目・鼻・のどのかゆみ、…

とうとうヨモギ花粉症始まる! 2019年札幌

例年ならとっくに飛んでいるはずの秋の花粉症の代表格のヨモギですが、とうとう花粉が飛び始めたようです。ただし、時期はかなり遅いですし、飛散量もまだわずかです。例年ならそろそろ終わる時期ですから、今年は少ないまま終わるのか、ここから増えるのか…

秋の花粉症は今年は遅いかな?

秋の花粉症の代表格はヨモギです。至る所に生えていますので、花粉を飛ばし始めるとくしゃみ・鼻水・鼻づまりの三大症状を始めとして、目のかゆみ、咳が起きます。そして、あまり知られていませんが、ヨモギアレルギーの方はセロリ、ニンジン、ジャガイモ、…

講演@田辺三菱製薬

数年ぶりに田辺三菱製薬の社内研修で講演させて頂きました。抗アレルギー薬のルパフィンと抗うつ薬のレクサプロに関連するお話をさせて頂きました。熱心に聞いていただき、たくさんの質問も頂き大変有意義な時間を過ごせました。 アレルギー性鼻炎、花粉症は…

猛暑・熱帯夜 〜熱中症にご注意を〜

寝苦しい夜が続きますね。北海道とは思えない暑さです。この時期には必ず熱中症で人が亡くなるニュースを目にします。とても残念です。熱中症は注意していれば十分に予防できます。 熱中症は熱を体の外に逃がす働きが弱ってしまうと起こります。特にお年寄り…

講演@北海道リオネット会

北海道の認定補聴器店の方々が集まる総会で「耳鼻科医の立場から考える難聴の対応」についてお話しさせていただきました。話を盛り込みすぎて、Busyな発表になりましたが、中々反応も良く楽しかったです。 認知症の一番の要因は難聴だと言われています。難聴…