読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【血管運動性鼻炎】(寒暖差アレルギー)の患者さんが増えています。

本州ではスギ花粉症のまっただ中ですが、さすがに北海道ではまだ花粉は飛んでいません。しかし、この時期にも北海道で花粉症に似た症状で苦しんでいる患者さんが沢山病院にやって来ます。 一つはハウスダスト(いわゆるホコリ)アレルギーの方たち。雪解けが…

PM2.5?暖冬? -真冬のアレルギーの謎-

最近は「〇〇年ぶりの異常気象」という言葉が日常茶飯事になり、却って新鮮味が無くなってきましたね。札幌では11月に「62年ぶりに40センチの積雪」と報道があったばかりなのに、「積雪40センチから0(ゼロ)になるのは54年ぶり」との報道がありました。何…

抗生物質が効かない!

私が医者になった20年以上前から抗生物質が効かない耐性菌は大きな問題になっていた。ただ、それに合わせて新しい抗生物質も次々と作られてきていたので、効かなくなったら違う抗生物質を使えばいいや、ということで抗生物質の乱用は続いていた。 ところが、…

咽頭がん・喉頭がん

坂本龍一さんが咽頭がんを告白して、私も衝撃を受けました。 中学生の頃は友達と一緒にありったけのシンセサイザーを集めてYMOのまねごとをしたのが懐かしい。今でも、"energy flow"の楽譜を買って時々練習してます。まだマスターできてませんけど・・・(笑…

シックビル症候群

北海道の建物は大変気密性に優れ、冬でも屋内で暖かく過ごすことが出来ます。その反面、新鮮な空気が取り入れづらくなり汚れた空気の中で過ごすことになりかねません。 かつて「シックハウス症候群」と言う言葉がもてはやされました。これは、主に建築時に用…

アレルギー性鼻炎 -花粉が飛ぶ前から治療が必要な理由-

一般に「花粉症」というと全国的にはスギ花粉を指しますが、北海道は本州に比べスギ花粉はほとんど飛びません。一方、シラカンバ、ハンノキの花粉がたくさん飛びます。花粉の飛散時期、飛散量は年によって違います。 シラカンバ、ハンノキの花粉飛散開始時期…

インフルエンザ 続報

先週からインフルエンザ患者が大量に押しかけています。 連日5−10人ほどの陽性患者が出ています。 待合室には発熱している方のための待機場所を設けていますが、家族総出で来院した際には待機場所の方が混んでいることもあります。 今年のインフルエンザにつ…

溶連菌感染症

溶連菌感染症が大変流行っているようです。 当クリニックでも検査を実施していますが、1週間に数人の感染者が出ています。 この病気の特徴は・・・ 【症状】 ・38℃以上の発熱 ・咽頭痛(激しいのどの痛み) ・体や舌の発疹(赤いブツブツ) です。 風邪と違…

鼻血

Yahooの記事に鼻出血の話題がありましたのでここでも取り上げてみます。 鼻血(はなぢ)は正しくは鼻出血(びしゅっけつ)と言います。 鼻出血を止めるよくある間違い。 ・上を向いて首の後ろをトントンたたく ・鼻にティッシュをつめる ・冷たいタオルを鼻…

秋の風邪

寒暖の差が激しくなってきました。 風邪が非常に流行っています。 10月に入ってから鼻水と咳が止まらないという症状の患者さんが多いようです。 見た目の所見はあまり重症には見えないのですが、風邪薬では中々治らないのが現在流行っている風邪の特徴です。…

手足口病

6月、7月頃に本州で「手足口病」が流行しているというニュースを聞きましたが、北海道には縁がないように思っていました。ところが、最近になって当クリニックでもしばしば診たり聞いたりするようになりました。昨日は4名の手足口病のお子様がいらっしゃいま…