シラカバ花粉 ーたくさん飛んでいますー

 当初、予想されていた「4月23日」頃からシラカバ花粉がたくさん飛び始めています。いつもより10日ほど早いようです。まだ飛び始めたばかりですが、すでに昨年(2021年)のピークの2倍ほどの花粉が飛んでおり、最近で一番多かった2020年に追いつく勢いです。例年、5月いっぱいは飛んでいますのでまだまだ要注意です。

 ゴールデンウイークにお出かけ、アウトドアで過ごす方も多いことと思います。せっかくの連休ですので是非とも心も体もリフレッシュさせて頂きたいですが、外には「ウイルスと花粉」がいますので、呉々も感染対策を怠らないように!

 

「今日ドキッ(HBC)」の取材を受けました

 HBC「今日ドキッ」と言う番組には2回ほど出演したことがありますが、今回は出演ではなくインタビューでした。内容は「寒暖差アレルギー」で、この話題は今シーズンだけで3回目です。確かに、昨日は札幌の最高気温は19度でしたが、今日は8度でした。寒暖差が注目されても不思議のない状況です。しかも、北海道はこれから花粉症がピークを迎え、新型コロナウイルス感染もジワジワ増えています。鼻炎症状がある方は早めに対処しましょう。

f:id:shinoro3387:20220413202238p:plain

 

シラカバ花粉 飛散開始日予測 (札幌は4月23日)

 毎年、北海道立衛生研究所が飛散開始日予測を報告してくれています。今年のシラカバ花粉はほぼ例年通りの4月23日の予測です。ただし、どの予測でも今年は飛散量が例年よりかなり多いとのことです。まもなくです。新型コロナウイルスもあまりおさまっていませんので、誤解されないように早めの対策を!

f:id:shinoro3387:20220411073909p:plain

 

ハンノキ花粉がたくさん飛んでいます

 花粉症の患者さんが増えてきました。雪解けの始まりが花粉症の始まりです。例年、ハンノキ花粉は3月中旬がピークですが、今年は3月下旬になってもたくさん飛んでいます。もう少しすると、春の花粉症の代表であるシラカバ花粉が飛び始めます。今年は例年よりもかなりたくさんの花粉が飛ぶ予想です。注意しましょう。

 新型コロナウイルスの感染者も減り方が緩やかです。第6波が終わったと思ったらすぐに第7波が来そうですね。オミクロン株の症状は花粉症と非常に似ています。オミクロン株と間違われないように花粉症の方は早めに対処しましょう。

f:id:shinoro3387:20220331161909p:plain

 

ハンノキ花粉が飛び始めました

 今年は雪に苦しめられましたが、暖かい日も増えて少しずつ雪が溶けてきました。春が少しずつ近づいています。日は長くなり、気温が高くなり、心もウキウキしてきますが、一つだけ困ることが。それが花粉です。

 2週間前から少しずつアレルギー性鼻炎の患者さんが増えてきましたが、やはりハンノキの花粉が飛び始めたようです。まだ、飛散量は少ないですが、これからどんどん増えていきます。

 今年はシラカバ花粉が近年無いぐらい、たくさん花粉を飛ばすという予想です。4月からはシラカバ花粉シーズンに入ります。花粉症の方はそろそろご準備を。

f:id:shinoro3387:20220313160957p:plain

 

教育講演@久光製薬

 久しぶりに会社を訪問しての講演をしてきました。と言っても、まん延防止等重点措置中ですので、別室でZoomを使っての講演です。これまでは講演を聴く立場が多かったので、自宅でも聴けるし、服装も気を使わなくて良いし、便利だな、と思っていましたが、話す方の立場になると、聞いている人の反応が全くわからないので、話のメリハリを付けるのが難しくて、話しにくかったです。最後の質問では熱心に質問をして頂いたので、とても良く聞いていてもらえたのがわかって安心しましたが。

 最近は学校もオンライン授業が増えているようですが、先生の立場になるとカメラに向かって淡々と話しているだけで、生徒達の反応がわからないので非常にやりにくいだろうな、と思います。やはり授業は対面に限りますね。

 先生と子ども達のためにも早く感染が落ち着くことを願っています。

f:id:shinoro3387:20220225230007j:plain